マイクロフォーサーズのベネフィット規格説明製品紹介 カメラボディ製品表 レンズ製品紹介 レンズ製品紹介 シネシステムギャラリー

マイクロフォーサーズのベネフィット

Micro Four Thirds




フォーサーズ規格が持つ「高画質デジタル専用設計」のコンセプトをそのままに、「高機動性小型システム」の部分を軸としてシステム全体の薄型化・小型化を追求したのがマイクロフォーサーズ規格の特徴です。

その上で、時代が求めるであろう動画対応やLive View撮影の快適化、そして既存フォーサーズレンズ群の活用などによりフォーサーズシステム全体としての可能性を高めることを目的としています。

Page Top


Micro Four Thirds


一眼レフカメラシステムの最大の魅力はレンズ交換ですが、交換するレンズの画角や焦点距離ごとに結像面(ピント位置)が違ってしまうとピントさえ合いません。
そこでフランジバックというマウント面からフィルム/撮像素子面までの距離を厳密に決め、すべてのレンズの結像面を揃えています。
しかし、デジタル一眼はフィルム一眼に比べて手ぶれ補正装置やダストリダクション装置、ローパスフィルターなどレンズと撮像素子の間に多くの部材が必要となります。
また、ファインダーを覗く一眼レフカメラには、実像を見るためのミラーボックスが必要となるため、ミラーボックスを持たないコンパクトカメラなどに較べてミラーボックス分フランジバックが長くなります。
このことが一眼レフカメラの厚さを薄くできなかったり小型化を困難にさせていた大きな原因でもありました。
しかし、Live View撮影専用とすればミラーボックスは不用となりますから、高画質を犠牲にすることなく、これまでは不可能と思われていたような薄さのデジタル一眼が可能となります。
たとえば超薄型のパンケーキレンズと組み合わせれば背広の内ポケットから取り出すということも可能となり、一眼の高画質をさらに自在に使えるようになります。
マイクロフォーサーズ規格は、フォーサーズが拓いてきたファインダーに縛られない自由さを持つLive View撮影の可能性を軸に、高画質と小型化の最適バランスを進化させ、より一層の携帯性と一眼ならではのレンズやシステム拡張の楽しさをより多くの人たちに提供するために生まれた規格です。

Page Top

レンズ交換式一眼の小型化では、ボディの小型化だけではなくレンズそのものの大きさも小型化させないとシステム全体としての価値が薄れてしまいます。
そこでマイクロフォーサーズ規格では、レンズの小型化に影響するマウント外径の小型化を実現しました。
フォーサーズ規格と同じ光束を通しながら、マウントの強度を確保した約6mmの小型化を実現しています。

さらにマイクロフォーサーズのレンズマウントには、小型化と同時にタイムラグの少ない円滑なLive View撮影の実現や、レンズとボディとの信号の連携を確実かつ高速にするために新たに2つの信号接点が増設され、9ピンから11ピンとなっています。
この2つの接点は、将来的な動画対応でのデータの高速処理にも活かされます。

Page Top



Micro Four Thirds

携帯性に秀でたコンパクトカメラのような大きさの1台のカメラで、一眼システムの高画質な静止画とハイクオリティ動画の両方が撮れたら・・・
こんな思いを現実化させるのがマイクロフォーサーズ規格です。
快適なLive View撮影のまま、瞬時に静止画から動画へ、動画から静止画へと自然で直感的な操作で自在な撮影ができる日もそう遠くはないでしょう。

Page Top



マイクロフォーサーズ規格の小型化メリットや新機能を堪能するためには、専用のマイクロフォーサーズレンズとの組合わせが必要となりますが、 これまでのフォーサーズシステム用レンズも専用アダプターをつけることで活用できます。

※マイクロフォーサーズボディにアダプターによってフォーサーズレンズを組合せた場合にはマイクロフォーサーズシステムの持つ機能のすべてをご利用いただけない場合もあります。


Page Top