フォーサーズのベネフィット規格説明製品紹介 カメラボディ製品表 レンズ製品紹介 レンズギャラリー

フォーサーズのベネフィット

Benefits of Four Thirds System

デジタル一眼レフの可能性を広げるフォーサーズシステム規格。その可能性に世界中が大きな質問を示しています。

デジタル一眼レフカメラは、光を信号として受け取るためにイメージセンサー(CCDやMOSなど)と呼ばれる撮像素子を使います。しかし、イメージセンサーはフィルムとは異なる特性を持つため、フィルムにとって最適だったはずのカメラやレンズの設計が、イメージセンサーには適さない場合が多く出てきます。フォーサーズシステムは、そうしたデジタル化の中で「デジタル一眼レフカメラシステムの将来」を見据えて生まれた新規格であり、2002年の発表以来、デジタルが持つ可能性を素直に追求した唯一の存在として、世界中から大きな賛同と評価を得ているオープンスタンダードでもあります。
その設計思想の第一はカメラやレンズが最適な大きさと性能、拡張性を持てること。そしてレンズマウントそのものの標準化により、メーカーの枠を超えて交換レンズとカメラ本体とを自由に組み合わせられること。撮影者はその互換性と発展性により、理想の世界の実現に近づけます。これこそがフォーサーズシステムの最大の可能性であり、特長であるといえるでしょう。
Page Top

フィルム時代のレンズをデジタル一眼レフで使うと、極端な画質低下をおこすことがあるという不思議。

標準的なデジタル一眼レフカメラの描写で一番問題になるケースが、画面周辺部での描写性能とゴースト・フレアーの発生です。特に広角系のレンズでは解像感が失われたり、色にじみや周辺減光が生じたりするなど、画質低下現象が多く見受けられます。また、イメージセンサーの表面で反射した光がレンズ面で再反射することによって生じるゴースト・フレアーも要注意です。
標準的な35mm判レンズとフォーサーズレンズの違い*左記は当社比較実験結果によるものであり、使用状況などにより変動する可能性があります。

上の二つの写真は、従来の標準的な35mm判フィルムカメラ用レンズとフォーサーズレンズを使用して、同じ画角・F値でデジタル撮影をした例です。描写性能を比べてみると、35mm判フィルムカメラ用レンズでは、画面全体がフレアっぽく、ゴーストの発生も目立ち、画面周辺部に向かうにつれて像の流れが増大し、鮮鋭な描写性とは言えない画質結果となっています。一方、フォーサーズレンズは、ゴーストやフレアの発生が抑えられ、中心から周辺部まで均一でシャープな描写性を保っていることからも、デジタル用に最適化されていることが分ります。
Page Top

正確に光をイメージセンサーに結像させることの難しさ。フォーサーズとは、光の直進性を高める技術でもあります。

デジタルカメラのイメージセンサーは「深い井戸」にたとえられます。井戸の底は、身を乗り出して覗き込まないと見ることができません。つまり「角度の強い斜めの光は、受光部(井戸の底)に届かない」という現象がおきているわけです。多くのレンズ交換式デジタル一眼レフカメラの場合、従来の35mm判フィルムカメラ用レンズを使用すると、特に画面周辺部に角度の強い斜めの光が入りやすい広角系のレンズでは、シャープさが失われたり、大きな色にじみが現われたり、さらには周辺減光が生じたりする可能性が高くなります。

フォーサーズシステムは、センサーサイズに対して余裕を持った大きなマウント径の確保とデジタル専用のレンズ設計によって、画面周辺部まで光がイメージセンサーの受光部にほぼ真直ぐに届くため、結果として画面全体がシャープでクリアな描写性能が得られます。
この光の直進性の確かさと、それを活かすデジタル専用設計による結像性能の高さが、フォーサーズレンズの大きな特長です。
Page Top

デジタルのために最適化された高画質性能と小型化を両立させるオープンスタンダードへの挑戦。

イメージセンサーの能力を最大限に引き出すには、画面周辺部まで光がほぼ真直ぐ受光部に届くように設計しなければなりません。
しかし、従来の35mm判やAPS判サイズのイメージセンサーを使用すると、光の直進性を保持したレンズを設計する場合には、どうしても光学系が肥大化してしまいます。そこで、フィルム時代のしがらみを捨て、4/3型イメージセンサーを採用することによって得られる高画質化と小型化の最適なバランスを追求して規格されたのがフォーサーズシステムです。(フォーサーズという名称は4/3型イメージセンサーに由来したものです)
フォーサーズシステムの高画質性の基本にあるのは、イメージサークルに対して約2倍の直径を持つように規定されたレンズマウント径です。この余裕を持ったレンズマウント規定により、レンズ設計の自由度が大幅に増し、小型化を確保しながら画面周辺部でも光がほぼ真直ぐイメージセンサーに届けられ、シャープでクリアな描写性能を実現。最終的には結像性能そのものを飛躍的に向上させることが可能になるのです。

4/3型イメージセンサーの対角長は、35mm判フィルムの約1/2。 したがって、同じ画角を得るための焦点距離が35mm判フィルムカメラ用レンズの1/2で済むため、光学系の大幅な小型化が可能になります。同じ明るさであれば有効口径は小さくなりますし、より明るいレンズを実現する可能性も高くなります。小型化と大口径化の両立、レンズの進化への期待がここから拡がります。
つまり4/3型イメージセンサーの採用により、従来のレンズではほとんど達成できなかった高性能で携帯性にも優れているというレンズが実現可能となったわけです。
例えば、35mm判換算で300mmの望遠レンズは、フォーサーズシステムでは150mmの焦点距離となり、従来、F2.8の明るさが最大だったところを、1段階明るい大口径F2.0の明るさで実現することができました。
このようにフォーサーズシステムは、イメージセンサーのサイズとレンズマウントの最適な関係を追求することによって高画質と小型化を両立させた理想的なシステムなのです。また、撮影したデータの現像から編集・管理までを適切に行う専用のソフトウェアも用意され、フォーサーズシステムの可能性を支えています。

*規格の公開に関しては、カメラメーカー等の業界団体に対し、NDAベースでオープンにするもので、個人・教育機関等は対象外となっています。
Page Top