お問合せ窓口トップFAQ賛同企業

FAQ

FAQ

フォーサーズに関するよくある質問を集めました。お問合せの前にこちらのページをご覧ください。

フォーサーズシステム規格とは何ですか?

4/3型の撮像素子を前提に、デジタル一眼レフカメラ用のレンズ設計に適したマウント、イメージサークル、 またレンズとボディ間の機能の連携を規定したオープン規格です。

Page Top
4/3とはどういう意味ですか?

英語で4/3(3分の4)を意味します。フォーサーズシステムでは、4/3型と呼ばれるサイズのイメージセンサー(CCDなど)が用いられ、35mm判フィルム一眼レフカメラより小型のレンズでありながら、センサーの性能を最大限に引き出し、卓越した画像品質を得るデジタルカメラ専用設計レンズの開発が可能となります。 4/3型イメージセンサーは多くのデジタルカメラで使用されている2/3型センサーに対し、サイズで2倍。プロの求める高い品質の画像を得ることが出来ます。フォーサーズシステムは、画像の品質とシステムの小型化の理想的なバランスを実現しています。

Page Top
フォーサーズシステム規格(デジタル専用設計)のメリットは何ですか?

本規格は、デジタル専用設計レンズによる卓越した画像品質と小型軽量設計の両立が可能といったことに加えて、なによりもオープン規格として、賛同各社がそれぞれの個性を出しながら商品も明確に差別化出来ることが大きな特長です。共通部分を賛同各社が活用することで投資効率を上げ、新しい技術の取り込みを加速することがフォーサーズシステム本来の狙いです。これにより、各社は投資を個々の差別化技術に集中させ、それぞれの画作り、UI思想、オリジナル技術を活かした魅力ある商品づくりをスピード感を持って実現できると考えています。

Page Top
なぜAPSサイズや35mm判サイズではなく、4/3型なのですか?

CCD等の撮像素子の性能を発揮させるために最適なレンズは、センサーへの光線の入射角度、解像力の点でより高精度を要する光学設計が必要となります。これをAPSサイズや35mm判サイズのセンサーに合わせて最適に設計すると、従来の交換レンズの倍近い大きさになってしまいます。
機動性を失わないために交換レンズの大きさを従来並に押さえ、更にCCDなど撮像素子の性能を最大に発揮させるためには4/3型が最適との結論に至りました。

Page Top
フォーサーズシステム規格に賛同している企業はどこですか?

Eastman Kodak Company社、オリンパスイメージング株式会社、株式会社シグマ、三洋電機株式会社、富士写真フィルム株式会社、パナソニック株式会社、Leica Camera AG社が賛同を表明しています。(2006年09月時点)

Page Top
フォーサーズシステム規格の交換レンズはどのメーカーが出していますか?

2006年9月時点で、オリンパスイメージング株式会社、株式会社シグマ、パナソニック株式会社から交換レンズが出されています。
こちらの製品リストでもご覧いただけますが、詳細につきましては、各社のカタログ、ホームページをご確認ください。
フォーサーズレンズ トップ

Page Top
フォーサーズシステム規格に対応したカメラはどのメーカーが出していますか?

2006年9月時点で、オリンパスイメージング株式会社とパナソニック株式会社から出されています。 こちらの製品リストでもご覧いただけますが、詳細につきましては、各社のカタログ、ホームページをご確認ください。
フォーサーズカメラボディ トップ

Page Top
異なるメーカーのボディーとレンズの組み合わせで、機能の制限はないのですか?

フォーサーズシステム規格は各社の独自性を阻害するものではありません。レンズの性能だけでなく、機能においても各社の特徴を出すことがお客様が購入される際の選択肢を広げることにつながると思います。標準化するのはAE、AFなど 基本性能の部分だけです。詳細につきましては、各メーカーにお問合せください。

Page Top